ゆいえ(結恵)労務サポートオフィスでは、労働・社会保険等における手続き代行のアウトソーシングをスポットでも受託しております。労働・社会保険の複雑な手続きから解放され、企業経営に専念できるメリットもあります。

社員が入退社するとき

  届け出書類 料金  
採用 社会保険資格取得届 5,000円 マイナンバー必要 健保組合は1,000円追加、被扶養者3,000円追加
雇用保険資格取得届 5,000円 マイナンバー・雇用保険被保険者番号必要
社会保険被保険者扶養(移動)届 5,000円 マイナンバー必要
退職 健康保険・雇用保険資格喪失届 5,000円 マイナンバー必要 健保組合は1,000円追加、被扶養者3,000円追加
雇用保険資格喪失届 5,000円 雇用保険被保険者番号必要
雇用保険被保険者離職証明書 10,000円 雇用保険被保険者番号、賃金台帳、出勤簿確認

スポットの場合は、基本料金10,000円が必要となります。

一年を通じて必要な事務

  届出 料金
社会保険料の定時決定 健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届け 基本料金15,000円
+1,000円×人数
労働保険年度更新 労働保険概算・確定保険料申告書 基本料金15,000円
+800円×人数
賞与 被保険者賞与支払届・総括表 基本料金10,000円
+800円×人数
給与、役員報酬変更 健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額変更届 10,000円
36協定書(届) 残業をさせる前にこの協定書を届け出ておくことが重要です 初回料金20,000円
(2回目10,000円)

 

 

出産・産休・育児休業するとき

*セット価格は、ご相談ください。

届け出書類 料金  
出産育児一時金の支給申請 10,000円  
出産手当金の支給申請 10,000円  
産休・育休中の社会保険料免除 5,000円  
産休・育休期間の変更手続き 5,000円  
育児休業給付金の支給申請(初回) 20,000円(2回目以降10,000円) 雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書、育児休業受給資格確認票の作成

 

会社を設立するとき

法人を設立すると、社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入義務が生じます。個人経営の事務所では、社員5人以上で強制加入となります。また、社員を雇用すると、法人・個人事業主を問わず、労働保険(労災保険・雇用保険)にも加入しなければなりません。労働保険は、正社員に限らずアルバイトやパートタイマーも対象になります。

保険 スポット ご契約先
労災保険新規 30,000円 20,000円
雇用保険新規 30,000円 20,000円
社会保険新規 30,000円 20,000円

※上記金額は4名まで含む
※5名以降は1人1,000円加算

助成金申請のイメージ

会社を設立し、従業員を雇入れるとなると、様々な届出や、契約書の作成等、想像以上の手続きが発生します。また、労働法の理解も必要な部分もあり、煩雑な手続きは専門家に任せ、本業に専念されるほうが、安心で、時間にも余裕が生まれます。また、助成金の受給ができれば、費用面でも有利なこともあります。
ぜひ、ご相談下さい。

①労働保険新規加入手続き
・雇用保険適用事業所設置届
・雇用保険被保険者資格取得届
・適用事業報告
・保険関係成立届
・労働保険料概算・確定申告書
(ハローワーク&労働基準監督署)
②社会保険新規加入手続き
・新規適用届
・被保険者資格取得届
・被扶養者(異動)届
・労働保険料概算・確定申告書
(年金事務所)
③雇用契約書
従業員を雇い入れる場合には契約書が重要です。初めに、御社の条件に合致した契約書を作成しておけば安心です。
④助成金申請のご相談
従業員を雇い入れをお考えであれば、受給できそうな助成金を積極的にご提案いたします。